62146BNHDK
 一体全体何ープロトコルの評価が下げられているのでしょうか。

スポンサーリンク


[バンダイナムコホールディングス: 2024年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 補足資料 / 業績予想の修正に関するお知らせ](pdf)

 第3四半期決算は売上高が前年同期比3.9%減の7720.35億円、営業利益は26.3%減の782.82億円、経常利益は23.4%減の896.3億円、純利益は28.5%減の603.98億円とやや増収するも減益。

 これに伴い通期業績予想は売上高1兆円を据え置く物の、営業利益に関しては前回予想の1250億円から820億円へとおよそ2/3に減少。
 この理由については、

 “デジタル事業において、今期投入したオンラインゲームの新作ゲーム等に関わる評価損に加え、次期中期計画を見据えタイトル編成の見直しを行ったことによる処分損を計上したことにより、営業利益および経常利益の予想数値を見直します。”

 とされていますね。
 短信における事業別の説明でも、

[デジタル事業]
 デジタル事業では、ネットワークコンテンツにおいて、「DRAGON BALL」シリーズや「ONE PIECE」等の主力アプリタイトルがユーザーに向けた継続的な施策により国内外で安定的に推移する一方、オンラインゲームの新作タイトルが計画を大幅に下回りました。家庭用ゲームにおいては、ワールドワイド向けの新作タイトル「ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON」が人気となりました。家庭用ゲーム全体では、既存タイトルについては「ELDEN RING」のリピート販売が大きく貢献した前年同期とのプロダクトミックスの違いが業績に影響しました。
 なお、デジタル事業においては、今期投入したオンラインゲームの新作タイトル等に関わる評価損に加え、次期中期計画を見据えタイトル編成の見直しを行ったことによる処分損を計上しました。今後は、バランスの取れた最適なタイトルポートフォリオの構築、開発体制の精査を行うとともに、クオリティを重視した開発を強化してまいります。
 この結果、デジタル事業における売上高は263,012百万円(前年同期比8.9%減)、セグメント利益は1,615百万円(前年同期比96.5%減)となりました。

 同じような説明がなされていますが。
 結果、売上高はやや減少、セグメント利益はほぼ消滅する事態に。

 一応共同開発となってはいるものの、ゲーム機向けタイトルにおいてはフロム・ソフトウェアのタイトルに頼りきりというのも情けない話ですね、自社開発部門のBNSIが任天堂からの受託開発にかまけているばっかりに。

 トイホビー事業、IPプロデュース事業、AM事業は何れも増収増益を達成。


62146BNHDK1
 IP別売上高はガンダムとワンピース、NARUTOが増加し他が横這いですね。

62146BNHDK2
 デジタル事業は概ねスマのネットワークコンテンツがやや減収、家庭用ゲームが減収しており、販売本数で見ると日米欧の各地域で減少、特に米国における販売本数減が目立つ格好に。

 これまでどういう方針でやっていたのかもよく分からないのですが、次期計画を見据えた見直しとやらが機能するかどうかですかね、具体的にはPS5世代に適応したタイトル開発が出来るのか、となるのでしょうか。
 任ソフト何ぞにかまけていたばっかりに使えない開発者が溜まっていそうですが。

ARMORED CORE Ⅵ FIRES OF RUBICON ORIGINAL SOUNDTRACK
・PS5 3/20 ARMORED CORE Ⅵ FIRES OF RUBICON ORIGINAL SOUNDTRACK
(Amazon)
 .