61031NHNS
 ニシくんの此岸から遠く離れた認知はこんな具合に形成されていくんですね。
 任天堂様にとって都合のいい話ばかりを取り入れていたらニシくんが異世界転生しちゃうんだから、どんだけ任天堂様が現世で負けてるんだかよく分かるんだけ堂って話ですが。

スポンサーリンク


[4gamer - リリース: <<イースVIII -Lacrimosa of DANA- モバイル>>がコミックマーケット102出展 イースの世界で冒険が再び]

 多分ビリビリが出しているリリースなのですが、その中にこうあります。

<<イース>>シリーズは日本ファルコムを代表するアクションRPG作品として、1987年に第1作目が発売されました。シリーズナンバリング第8作目となる<<イースVIII -Lacrimosa of DANA->>は、Game Informer、Polygonなどゲームメディアから高い評価を獲得し、2019年8月には全世界販売本数が60万セットを突破。Nintendo switch版発売後も販売本数が伸び続けており、口コミやマーケットで高い評価を獲得した名作となります。

 ちなみに任ッチ版が発売されたのが2018年6月の事で、ファルコムが累計販売本数50万本突破記念PS4版特別パッケージを発表したのが2018年10月の事。

 なので、“任ッチ版の発売後も販売本数が伸びている”というのは嘘ではないんですけど…
 2019年のメディクリ集計を見ると、PS4の廉価版が1.26万本を販売している(他にPS4通常版が2018年累計7.5万本、PSVita版が2018年累計6.2万本)のに対し、任本位ッチソフトウェアから発売された任ッチ版は2019年を通して僅かに0.17万本しか売れていないんですよね。(発売年である2018年を含む累計は1.84万本)

 任ッチ版のお陰で伸びた、というのはおよそ嘘、全部が任ッチ版とか言い出すのは荒唐無稽な大嘘という事になります。

 なるんですけどそれをやらかしたカスがいた。

[GAME Watch: 「イースVIII」がモバイル向けに! 事前登録開始]

屋敷悠太

 「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」はナンバリング8作目であり、Nintendo Switch版の売上が60万本を突破したタイトル。

 こちらの記事は明らかに同じリリースを元にした記事なのですが、元のリリースは転載していないのでわざとやっている可能性もありそうですね、何しろ編集長がXbox族だから。

 これを統合してしまったニシくん、

イース8スイッチ版のみで60万本突破
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1692085859/

ID:Uhf/6a4i0
後発マルチの単体だけでアレを上回ってるのか

VITA PS4 PC が先行しててコレは凄いわ

ID:poMnl2BX0
1.5吉田か

ID:hj/CFnGpp
海外では任天堂ハードでも売れるシリーズだと聞いていたがここまでとは思わなかった
PS版より売れているのでは

ID:UOT2jVID0
いっせいトライアル成功しててワロタ

 (その後、19時頃に上記リリースを取り上げるスレが立つもガン無視してスレが進行中)

ID:4pn7YsPk0
すり寄ってこないで
ガキハード嫌いでしょ

ID:2OSgxDU20
そもそも海外で売れたからこそついに同発自社マルチに切り替えたわけでな

ID:ISMfAlZLr
すげーな
アレ越えてるやん

ID:y+3kuVcR0
すっご
スイッチユーザーはソフト買いますなあ

ID:7Gi1cEM/M
あ~いいっすねぇ

 もし本当に任ッチユーザーが(サードの)ソフトを買うんだったらファースト売上高比率88.8%とかになってないんですよね…

 ニシくんはこうやって別世界に旅立って逝っちゃうんですよ、参考になりますね。

アサシン クリード ミラージュ -PS5 【早期購入特典】「四十人の盗賊」プロダクトコード 同梱
・PS5 10/5 アサシン クリード ミラージュ -PS5 【早期購入特典】「四十人の盗賊」プロダクトコード 同梱
(Amazon)
 .