59722NPD
 やはりPS5の入荷状況次第という所があるようですね。

スポンサーリンク


[LinkedIn: A surge in PlayStation 5 hardware supply combined with strong sales~]

 何故か今後はLinkedInに売上データを投稿すると言い出したNPDのMat Piscatella アナリスト。

 理由はともかく、2022年11月の米ゲーム産業売上高は総額63億ドルとなり、前年同月比で3%増という結果になったそうです。
 年初来売上高で見ると昨年より6%減となっているそうですが。


 ゲーム機本体の売上高は前年同月比45%増の13億ドルとなり、これはPS5の入荷状況改善が牽引した結果とのこと。
 PS5は売上高、販売台数の何れにおいても首位となり、任ッチがこれに続いているそうです。
 必然的に現行機で最下位なのはXSX|Sとなるわけですが。

 結果、年初来で見ると売上高ではPS5が首位、任ッチが販売台数では首位に。
 必然的に現行機でどちらも最下位なのはXSX|Sとなるわけですね。


 ゲームコンテンツの売上高は…何か見づらいですけど前年同月比で5%減となる47.42億ドルですかね。
 ソフトでは「Call of Duty: Modern Warfare II」が2ヶ月連続の首位に。


59722NPD1
 総合Top20はこのようになっており、新作でトップとなったのは2位の「God of War: Ragnarok」。
 他新作は「ポケットモンスター スカーレット/バイオレット」は3位、「ソニックフロンティア」が4位、「タクティクスオウガリボーン」が17位という結果に。


59722NPD2
 PlayStationプラットフォームのTop10はこのようになっており、GOWラグナロクが首位に。
 ソニックフロンティアが相対的に下がり5位、CODMW2が2位でスポーツゲームが上位を占める結果となっています。


59722NPD3
 任天堂プラットフォームのTop10はこのようになっており、ソニックフロンティアが2位ではあるのですが任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり以外の何物でもないランキングですね。
 何ならセガやUbisoftはデジタル込みなのに任天堂ばかりという。


59722NPD4
 XboxプラットフォームのTop10はPSプラからSIEタイトルを抜いたような…というには結構妙な部分も多いんですよね。
 一昨年発売のCODBOCWが10位に入っている辺り、即効性ゲーパス毒で新作がさっぱり売れなくなっていそうなのですが。


 周辺機器の売上高に関しては前年同月比10%増の2.89億ドルで、これはゲーム機本体の好調な販売を反映したところもありそうです。
 そして最も売れたのはPS5用コントローラDualSenseのギャラクティックパープル…?
 実機を見ると結構良い色ではあるのですが一番人気になるかというとどうなのでしょう。
 この辺りに関しては在庫状況の制約を受けていそうですね。

【純正品】DualSense ワイヤレスコントローラー ギャラクティック パープル(CFI-ZCT1J04)
・【純正品】DualSense ワイヤレスコントローラー ギャラクティック パープル(CFI-ZCT1J04)
(Amazon)
 .