39768NinNX
 WiiUはもう減速しているし3DSの方がピークアウトし始めたのは早いし、後継機という訳ではないにも関わらずWiiUが減速すると説明する辺りかなり変な事にはなっていますね。

スポンサーリンク


[朝日新聞:「ゼルダ」映画化の可能性は? 任天堂・君島社長に聞く]

 一個前の映像事業云々に続いて朝日新聞の君島達己社長インタビューですが、まずはスマに関して。

・Miitomoのダウンロード数は計画通り、長く遊んで貰えるよう要望に対応したい。Miitomoから次のアプリに繋ぎたい
・次のアプリというのは今秋配信と予告した「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム」のゲーム
・どうぶつの森はゲーム機との相乗効果を狙っていく
・ゲーム機というのは販売台数からしても3DSの事と考えて貰って間違っていないと思う
・ファイアーエムブレムはゲームファンに人気という事でスマホ展開出来ると考えた、単純に移すのではなくどうするとスマで楽しめるかを意識して開発している
・今の所有料要素によるマネタイズを強めると発表した事への批判があるという報告は来ていないが、任天堂を支えてくれるお客様から不満が出ないよう案内したい
・残る2本のスマアプリが例えばマリオだと言っている訳ではないが、沢山遊んで貰っているIPについては計画や準備は進めている

 とコメント、スマに合わせたFEってばしーんばしーんとガチャを楽しんで下さいみたいになるのでしょうかね。

 続いてはコードネームNXについて、

・(NXは)新しいものだと思う、ハード、ソフト共に最初から遊んでみたいと思えるものになっている
・来年3月発売と発表したのはソフトの開発状況に合わせたため
・WiiUの経験もありソフトラインアップは意識している、WiiUは価格設定も難しい環境にあったが
・WiiUはWiiに比べた勢いはよく知られている通り、NXが出れば減速するだろうが、3DSはポケモン新作も出るのでマイナスの影響はないと考えている
・3DSに影響がないというとNXが据置機だからと捉えられがちだが、NXはWiiU、3DSどちらの後継機でもない。新しい遊び方が出てくるのでWiiUよりはインパクトがあるが、WiiUの代替かというと違う
・通期業績予想を前年並みとしたのはNXの不確定要素があるので仮の数字だが、(達成には)それなりにNXへの感心が高くならないときつい。スマ向けゲームの売り上げにも期待している
・任天堂のゲーム機を買って貰うための価格帯というのはある程度あり、一方で開発者は色々な機能を付けたがる。赤字では出せないというせめぎ合いで最終的な形が決まった。新しいから高いというやり方はしないと思っている

 とコメント。

 しかし、やっぱり結構苦しい説明ではありますね。
 WiiUも3DSもゲーム機としての性能が発売時点で陳腐化していたのは間違いありませんが、ゲーム機のライフサイクルが終わりを迎えるのは3DSの方が先になる筈で、実際に3DSはピークアウト傾向がWiiUよりも強かった。
 おまけに日経リークのようにAndroid OSベースの携帯機にもなるハードというのであれば、性能的にも3DSを置き換える要素の方が強い…
 それなのにNXでWiiUは減速すると思うが3DSにマイナスの影響はないと思う、と言わざるを得ないのは結局WiiUがこんな事(再生産すると赤字になるからもう作るのやめよう)になったので仕方なくですよね。
 この口振りからすると今期業績予想も達成出来る可能性はさほど高くないと考えているようですし。

 GBAの役割を置き換えるものではなかった筈のDSが売れたらああなったので、任天堂らしい物言いではあるのですが。

 ひとまず、ここまでの流れを見ると組織の慣性をそう簡単に別方向に向けられるものではないにせよ、君島社長は波風を立てない…基本的には前社長の方針を踏襲する方向性ではあるように見えます。
 多分物にならないだろうと判断されたのではないかと思うQOL事業については別として、主力のゲーム事業と関連するIPについては。
 なのでこのまま進むとどうなるかは…まずはNXが出てみないと分からないという部分はありますが、あまり楽な道のりでもなさそうですね。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション【初回生産特典】ウィドウメイカー・ノワールスキンDLC同梱
・PS4 5/24 オーバーウォッチ オリジンズ・エディション【初回生産特典】ウィドウメイカー・ノワールスキンDLC同梱
(Amazon)
 .